夜間頻尿のさまざまな原因

2009年7月23日 03:09 | コメント(0) | トラックバック(0)
夜間頻尿は色々な原因によって症状があらわれます。治療を行うには原因となることを取り除くことが重要となります。夜中に何度もトイレに起きるという人は、排尿の回数などを記録するようにし、原因となることがないかを考え、毎日の食生活や日々の過ごし方を日記に書くといいでしょう。原因がわかりやすくなり、医師も治療を始めやすくすることが出来ます。

夜間頻尿は心疾患の人にも多く見られる症状です。低体重の人は特に注意が必要となります。通常の夜間頻尿に悩んでいる人に比べて、心疾患で低体重の人は夜中の回数がかなり多いといわれています。高脂血症の人も夜間頻尿になりやすいといわれていますので気をつけましょう。無呼吸症候群の人も深い眠りを守ることが出来ず身体のバランスが崩れ、夜間頻尿になりやすいといわれています。

また、最近話題になっているメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人も、夜間頻尿と危険因子がほぼ一致しているといわれていますので、夜間頻尿にならないよう注意し、健康維持のためにも食生活の見直しなどを行い、少しでも痩せることが出来るよう運動を取り入れながら頑張ってみましょう。

夜間頻尿については、漢方で治すという人もいます。原因となっている物によっては漢方で改善させることも出来るようですが、自分で判断するよりもまずは医師に診てもらい良く相談してから漢方などを利用するようにしましょう。また、内臓の働きを良くさせ夜間頻尿の症状を和らげることが出来る灸治療もあります。夜中に起きる回数が減ったという実績もありますので、原因によってはかなり役立つ方法となるかもしれません。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

夜間頻尿のさまざまな原因
夜間頻尿は色々な原因によって症状があらわれます。治療を行うには原因となることを取り除くことが重要となります。
膀胱の機能低下
夜間頻尿になるとぐっすり安心して眠ることが出来なくなり、大きなストレスとなったり、自律神経に影響が出て来てしまいます。
前立腺肥大の可能性も
通常、寝る前に水分を摂り過ぎたりしない限り、人間は夜中はぐっすりと眠るもので、途中で排尿のために起きたりしないものです。水分を多く摂ったりしていないのに夜中に何度も排尿のために起きてしまうのは、夜間頻尿になっているのかもしれません。
普段の生活習慣を見直す
夜間頻尿は多くのことが原因となって起こるものですので、普段の生活習慣を見直し、要因となることがないかを考えてみましょう。
心配な人は排尿日記を
夜間頻尿は高齢者に多く見られる症状で、夜中に何度も排尿のために起きてしまうことを言います。
定期的な検診が必要
夜間頻尿は加齢によって起こる場合も多く、知らないうちに夜間頻尿になっていたという人もいます。年を重ねていくと身体の色々な部分の機能が低下していき、夜間頻尿だけではなくいくつかの病気の要因となってしまう場合もあります。
夜間頻尿で睡眠障害
夜間頻尿は男女共に起こるもので、加齢によって症状が出てきてしまうこともあります。加齢によって腎臓などの機能が低下することで排尿のバランスが崩れたり、尿量が変化することで夜間排尿になってしまうことがあるのです。
夜間頻尿の治療と予防
夜間頻尿は尿を溜めておく膀胱の機能が低下することでも起こりますが、子宮筋腫など膀胱を圧迫させる要因があることでも夜間頻尿が起きてしまいます。
加齢による夜間頻尿
夜間頻尿というのは、男性にも女性にもみられる症状で、寝入ってから起床するまでに2回以上起きるという人は、夜間頻尿と考えていいでしょう。
夜間頻尿とは
夜に布団に入り寝てから、朝起きるまでの間に2回~3回以上トイレに行くために起きるという症状のことを、夜間頻尿と言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/898

コメントする



このサイトを購読する