前立腺肥大の可能性も

2009年7月23日 03:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

通常、寝る前に水分を摂り過ぎたりしない限り、人間は夜中はぐっすりと眠るもので、途中で排尿のために起きたりしないものです。水分を多く摂ったりしていないのに夜中に何度も排尿のために起きてしまうのは、夜間頻尿になっているのかもしれません。寝ている間に2回以上尿意を感じ目が覚めるようなら、夜間頻尿と考えたほうがいいかもしれません。

夜間頻尿は男性に多い病気と言われていますが、40歳を過ぎた前立腺肥大の男性に特に多く見られる症状です。夜間頻尿は加齢によって起こる場合もあります。50歳代以降、年齢を重ねる毎に夜間頻尿になる確立は高くなり、70歳代では70%もの人が前立腺肥大だといわれ、夜間頻尿になる頻度が高くなります。

男性の場合、夜に何度も排尿をしたり、間隔が短く2時間ももたずに排尿する、排尿しても残尿感があるという場合は、前立腺肥大かもしれません。夜間頻尿になる可能性が非常に高くなってしまいますので注意が必要となります。夜間何度も起きてしまう、残尿感がある、トイレが近いという症状はとても辛いものです。

ゆっくり睡眠をとることで身体をしっかり休めることができ、健康維持にもつながりますので、気になる症状がある人は早めに医師に相談するようにしましょう。不眠症などの睡眠障害も夜間頻尿になることがあります。脳が起きている状態であれば、尿意を感じるのは自然なこととなり、夜間頻尿も起こりやすくなるのです。不眠症の人はまずぐっすり眠れるようしっかり解決させることが重要となります。

 

 外貨  司法書士  耳つぼダイエット
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

夜間頻尿のさまざまな原因
夜間頻尿は色々な原因によって症状があらわれます。治療を行うには原因となることを取り除くことが重要となります。
膀胱の機能低下
夜間頻尿になるとぐっすり安心して眠ることが出来なくなり、大きなストレスとなったり、自律神経に影響が出て来てしまいます。
前立腺肥大の可能性も
通常、寝る前に水分を摂り過ぎたりしない限り、人間は夜中はぐっすりと眠るもので、途中で排尿のために起きたりしないものです。水分を多く摂ったりしていないのに夜中に何度も排尿のために起きてしまうのは、夜間頻尿になっているのかもしれません。
普段の生活習慣を見直す
夜間頻尿は多くのことが原因となって起こるものですので、普段の生活習慣を見直し、要因となることがないかを考えてみましょう。
心配な人は排尿日記を
夜間頻尿は高齢者に多く見られる症状で、夜中に何度も排尿のために起きてしまうことを言います。
定期的な検診が必要
夜間頻尿は加齢によって起こる場合も多く、知らないうちに夜間頻尿になっていたという人もいます。年を重ねていくと身体の色々な部分の機能が低下していき、夜間頻尿だけではなくいくつかの病気の要因となってしまう場合もあります。
夜間頻尿で睡眠障害
夜間頻尿は男女共に起こるもので、加齢によって症状が出てきてしまうこともあります。加齢によって腎臓などの機能が低下することで排尿のバランスが崩れたり、尿量が変化することで夜間排尿になってしまうことがあるのです。
夜間頻尿の治療と予防
夜間頻尿は尿を溜めておく膀胱の機能が低下することでも起こりますが、子宮筋腫など膀胱を圧迫させる要因があることでも夜間頻尿が起きてしまいます。
加齢による夜間頻尿
夜間頻尿というのは、男性にも女性にもみられる症状で、寝入ってから起床するまでに2回以上起きるという人は、夜間頻尿と考えていいでしょう。
夜間頻尿とは
夜に布団に入り寝てから、朝起きるまでの間に2回~3回以上トイレに行くために起きるという症状のことを、夜間頻尿と言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/896

コメントする



このサイトを購読する