夜間頻尿で睡眠障害

2009年7月23日 02:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

夜間頻尿は男女共に起こるもので、加齢によって症状が出てきてしまうこともあります。加齢によって腎臓などの機能が低下することで排尿のバランスが崩れたり、尿量が変化することで夜間排尿になってしまうことがあるのです。年齢を重ねていくと血中のカテコラミンは高くなり、夜間頻尿になりやすくなります。

カテコラミンが高い人は腎血流量が不十分になりやすく、必要な量の尿を産生するのは難しくなってしまいます。尿量が不十分になることで浮腫が起こり、下半身に水分が溜まりやすくなってしまいます。下半身に溜まった水分はやがて尿になり、寝ている間に尿量が増え夜間頻尿へと繋がっていくのです。

若い人の場合は朝方起きた時に排尿しますが、朝の尿は一日の中で最も量が増え2倍ほどの量になることがあります。しかし、夜間頻尿が起こっている人の場合は、朝方でも尿の量は変わりません。ぐっすり深い眠りにつきにくい人は夜間頻尿になりやすいと考えられていますが、睡眠障害によって夜も尿の量が変わらず濃度が薄い尿が何度も出てしまい、夜間頻尿になるのです。

年を重ねる毎に睡眠障害が起こりやすくなり、眠りがとても浅くなり少しの尿意でも目が覚めてしまい、排尿したくなります。これが夜間頻尿の症状へと変わってしまうのです。年を重ねていくことは自然なことですが、加齢に伴い夜間頻尿だけではなくさまざまな病気の要因となることも出てきますので、定期的に検査を受けたりして健康維持に努めるようにしましょう。

 

 引っ越し業者の口コミ  大手引っ越し業者の特徴
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

夜間頻尿のさまざまな原因
夜間頻尿は色々な原因によって症状があらわれます。治療を行うには原因となることを取り除くことが重要となります。
膀胱の機能低下
夜間頻尿になるとぐっすり安心して眠ることが出来なくなり、大きなストレスとなったり、自律神経に影響が出て来てしまいます。
前立腺肥大の可能性も
通常、寝る前に水分を摂り過ぎたりしない限り、人間は夜中はぐっすりと眠るもので、途中で排尿のために起きたりしないものです。水分を多く摂ったりしていないのに夜中に何度も排尿のために起きてしまうのは、夜間頻尿になっているのかもしれません。
普段の生活習慣を見直す
夜間頻尿は多くのことが原因となって起こるものですので、普段の生活習慣を見直し、要因となることがないかを考えてみましょう。
心配な人は排尿日記を
夜間頻尿は高齢者に多く見られる症状で、夜中に何度も排尿のために起きてしまうことを言います。
定期的な検診が必要
夜間頻尿は加齢によって起こる場合も多く、知らないうちに夜間頻尿になっていたという人もいます。年を重ねていくと身体の色々な部分の機能が低下していき、夜間頻尿だけではなくいくつかの病気の要因となってしまう場合もあります。
夜間頻尿で睡眠障害
夜間頻尿は男女共に起こるもので、加齢によって症状が出てきてしまうこともあります。加齢によって腎臓などの機能が低下することで排尿のバランスが崩れたり、尿量が変化することで夜間排尿になってしまうことがあるのです。
夜間頻尿の治療と予防
夜間頻尿は尿を溜めておく膀胱の機能が低下することでも起こりますが、子宮筋腫など膀胱を圧迫させる要因があることでも夜間頻尿が起きてしまいます。
加齢による夜間頻尿
夜間頻尿というのは、男性にも女性にもみられる症状で、寝入ってから起床するまでに2回以上起きるという人は、夜間頻尿と考えていいでしょう。
夜間頻尿とは
夜に布団に入り寝てから、朝起きるまでの間に2回~3回以上トイレに行くために起きるという症状のことを、夜間頻尿と言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/892

コメントする



このサイトを購読する