加齢による夜間頻尿

2009年7月23日 02:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

夜間頻尿というのは、男性にも女性にもみられる症状で、寝入ってから起床するまでに2回以上起きるという人は、夜間頻尿と考えていいでしょう。夜間頻尿と夜尿症は同じものだと思っている人もいますが、夜尿症は寝ている間無意識に排尿(おねしょ)してしまうものなので、夜間頻尿とは違うものとなります。

夜間頻尿はさまざまな原因で起こるものですが、加齢によって腎臓や心臓の働きが衰えることでも症状が出てきてしまいます。心臓などが原因で夜間頻尿になる場合、夜中の寒い時間帯に何度も排尿のために起きなければならなくなり、心臓に大きな負担となってしまいます。

年配の人が夜間頻尿になった場合、心不全や心筋梗塞などを起こす不安も出てきてしまうのです。また、夜中に排尿のために起きるので家族が寝ている場合が多く、知らないうちに階段から落ちてしまっていたり、転倒して骨折していたりということもあるのです。

夜間頻尿は男女共に見られる症状ですが、男性と女性とでは夜間頻尿の原因となるものが違ってきます。男性の場合は前立腺肥大症の初期症状として夜間頻尿が起こる場合がありますが、女性の場合は生理や妊娠に深く関係しているといわれています。閉経後に女性ホルモンが低下することで膀胱が過敏になり、夜間頻尿になる場合があります。膀胱の機能が低下することでも症状が出てきてしまいます。

 

 手のしびれ  ゴルフクラブの選び方
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

夜間頻尿のさまざまな原因
夜間頻尿は色々な原因によって症状があらわれます。治療を行うには原因となることを取り除くことが重要となります。
膀胱の機能低下
夜間頻尿になるとぐっすり安心して眠ることが出来なくなり、大きなストレスとなったり、自律神経に影響が出て来てしまいます。
前立腺肥大の可能性も
通常、寝る前に水分を摂り過ぎたりしない限り、人間は夜中はぐっすりと眠るもので、途中で排尿のために起きたりしないものです。水分を多く摂ったりしていないのに夜中に何度も排尿のために起きてしまうのは、夜間頻尿になっているのかもしれません。
普段の生活習慣を見直す
夜間頻尿は多くのことが原因となって起こるものですので、普段の生活習慣を見直し、要因となることがないかを考えてみましょう。
心配な人は排尿日記を
夜間頻尿は高齢者に多く見られる症状で、夜中に何度も排尿のために起きてしまうことを言います。
定期的な検診が必要
夜間頻尿は加齢によって起こる場合も多く、知らないうちに夜間頻尿になっていたという人もいます。年を重ねていくと身体の色々な部分の機能が低下していき、夜間頻尿だけではなくいくつかの病気の要因となってしまう場合もあります。
夜間頻尿で睡眠障害
夜間頻尿は男女共に起こるもので、加齢によって症状が出てきてしまうこともあります。加齢によって腎臓などの機能が低下することで排尿のバランスが崩れたり、尿量が変化することで夜間排尿になってしまうことがあるのです。
夜間頻尿の治療と予防
夜間頻尿は尿を溜めておく膀胱の機能が低下することでも起こりますが、子宮筋腫など膀胱を圧迫させる要因があることでも夜間頻尿が起きてしまいます。
加齢による夜間頻尿
夜間頻尿というのは、男性にも女性にもみられる症状で、寝入ってから起床するまでに2回以上起きるという人は、夜間頻尿と考えていいでしょう。
夜間頻尿とは
夜に布団に入り寝てから、朝起きるまでの間に2回~3回以上トイレに行くために起きるという症状のことを、夜間頻尿と言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/890

コメントする



このサイトを購読する